患者さんの声Voice

イメージ

エクラムで
笑顔と輝きを取り戻した
患者さんの体験談です

voice > 03_スポーツ外傷 > 有痛性外脛骨

有痛性外脛骨

僕は小学校のときからバスケをやっていました。5年生ぐらいから足がいたくなりエクラムに通うようになりました。 治療をうけながらバスケを続けていました。中学に入り、いたみがまたひどくなり、先生にすすめられたインソールを 買い、使いました。使ってみると最初は慣れるまでは違和感があったけど痛みはへっていきました。いたみが減った おかげで今は、おもいっきりバスケができるようになりました。